大学卒業旅行でのナンパ〔グアム〕

私が大学4年生の時の話です。
卒業直前の春休み、大学の同級生8名(全員男)で卒業旅行としてグアムを訪れた時の楽しいナンパの思い出です。

男性8名での旅行となれば、夜はお酒を飲んで騒ぐ。これが何より楽しい思い出でした。
お酒を飲んで気分があがった私達は、当然「女の子と遊びたい」という強い衝動に駆られるわけです。そして、2名ずつ、4グループに分かれて誰が最初に遊んでくれる女の子を確保出来るかという勝負が始まりました。

私は柴くんという友人とペアになり、夜の浜辺を練り歩いていました。すると、いるわいるわ、暇そうにプラプラしている女性達が。
〔ちなみに、卒業旅行シーズンのグアムは日本人で溢れています。声をかけるのも、全て日本人に対して声をかけました。〕
私と柴くんは、3、4組の女性達に声をかけ、断られ、少し休憩をしていました。

すると、目の前に女子大生と思われる4人組が通りました。私と柴くんは、すかさず彼女達に声をかけ、一緒に飲もうと誘いました。
すると、びっくりするぐらいあっけなくオッケーが。他の友人達は、まだ女の子を捕まえられていなかったので、競争は私達の勝利です。

そして、そこからは男8名、女4名の計12名で、ビーチでそのまま飲み会開始。
2時間ほど、そこで飲み続け、女性陣の一人が酔いつぶれてしまったので、皆でホテルまで送る事となりました。

ホテルに着いたあとは、私と柴くん、あと友人1名は仲良くなった女性陣と一夜を共にしました。
残りの男性陣から、翌日ブーイングを浴びたのも今では良い思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です